コメント
色々と難しいもんだ。
 (02/17) おっぱい大好き
 (02/11) MOGMOG
カードヒーロー中毒
 (01/17) 風野妖一郎
 (01/11) にくず
カードヒーローDS買いました
 (12/31) にくず@携帯
 (12/29) カジュート
いわゆる一つの\(^0^)/
 (10/04) にくず
 (10/04) kzm

2007年04月25日

実際に弓を撃たせてもらった

学校とサークル探しとバイトがクソ忙しい。
自由時間が減ってるのですが、それでも遊ぶ時間は確保しているので、結果として面倒くさい更新が放置される事に。時間としてはそんなにかかってないんですが、手をつけるまでが長いからなあ・・・。気が進まんと言うか何と言うか。メンドイ。うん。


さておき弓道の授業。
ようやく矢をつがえて実際に撃たせてもらいました。・・・が、思ってたより遥かに弓が硬いのな!とてつもなく手が疲れます。
弓の弦って、普通に人差し指と中指で引くんだと思ってたんですが、実際は違ってて、篭手の親指に付いてるミゾにひっかけて、親指で引っ張るのが正しいのです。これがマジでムズいんス。ちょっと気を抜いたらミゾから外れてばい〜んッス。危険ッス。

一応、リアル・ゲーム問わず偏差射撃は得意なんですが、偏差射撃がどうとかじゃなく、弓が硬いんで手がブルブル震えてマト狙うってレベルじゃねーッス。狙いが上手いとかそれ以前に、筋力足りてないので射線が安定しません。何か論外な気がします。

あと、矢って思ったより下に落ちるんすよね。
もっと真っ直ぐ飛んで行くものだと思ってたんだけど、先生の射的ですら結構下に落ちてます。横からみたら判らんけど、真後ろからみたら良くわかる・・・。
三十三間堂の通し矢とか、凄いのなー。
posted by お疲れ様でした at 23:16 | Comment(7) | edit
この記事へのコメント
どこかのサイトで見たことあるけど
筋骨流々の人が力任せに弓引こうとしても全くダメみたいですね
まぁそれなりに力いると思うけども
慣れさえすればブレることなく撃てるんじゃないかな?
三国士や戦国の武将
(俺の弓のイメージは呂布とか孫尚香)って凄いのn(ry
Posted by ポン次郎 at 2007年04月26日 02:09

にくずさんの超人的背筋をもってしてもキツいとは意外でした。使う筋肉が特殊なのかな? しかし華奢な女の子でも弓撃っとるから要はコツか‥‥‥?
Posted by グレエ at 2007年04月26日 09:30

>ポン
OK、図書館で指南書借りて来る事にする。

呂布はヤバイな。大酒を飲んだ直後の射的で、二叉槍の出っ張りの方に一発で当てたとか何とか。しかも伝説じゃなくて史実らしいし。
孫尚香は・・・知らないんだけど弓凄かったん?そう言えば三国志大戦でも孫尚香のカードは全部弓兵だけど。

>グレエさん
男子は硬い弓を渡されるのだ!(な、なんだってー!
ちなみに、弓を引くこと自体はさほど辛くありません。・・・が、それを保持するとなると話は別! ばい〜んしないようにめっちゃ気を使うせいで指がキッツイのよ指が。それと二の腕が。
Posted by にくず at 2007年04月26日 23:30

孫尚香は常に腰に弓を装備していたことから
弓腰姫と呼ばれていたそうです
弓が達者でないと腰に携帯なんてしないと思うし
やっぱりかなりすごかったんじゃないかな?
ちなみに薙刀も扱えたようです。お〜怖w
Posted by ポン次郎 at 2007年04月27日 15:38

腰に弓て、あれを・・・? えぇー・・・。
と書いて気付いたけど、和弓と違って中国の弓は小さいんだっけか。

まぁ恐妻だったのは知ってる。
劉備がいっつもビクビクしてたってのはカードの説明にも書いてあった!
Posted by にくず at 2007年04月28日 01:09

和弓は世界的にみて長いですぞー。下から3分の1のあたりを握りまするー
弦を離したときに、弓が3分の1の地点を支点に揺れるので、そこを握ると反動が小さいんですな

我輩の入った弓道部は、春に入部→夏休みにようやく的に向かって撃たせてもらえる、という感じでした
Posted by ms81 at 2007年04月28日 01:36

うちの大学もしっかり部に入ったらそれぐらいかかるみたいです・・・。が、授業だと14回×1.5時間しかないので早目からもう触らせてくれます。

てーか弓道部入ってたんディスカ!?マジで!?すげぇ!
Posted by にくず at 2007年05月02日 01:50

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。